ドラマ版デスノート2話感想!だんだん凡人力を発揮し始めた月さん。 | イャンクックカフェ 2F

ドラマ版デスノート2話感想!だんだん凡人力を発揮し始めた月さん。

シェアする

7061

話題のドラマ版デスノート、2話を観ました。(huluで配信中です。)

というわけで、見逃してしまった方はオススメです。登録していない方は新規登録後2週間無料ですよ~!

スポンサーリンク

ドラマ版デスノート、第二話の感想

1話の最後で結局覚醒してドルヲタをやめてしまった月さんでしたが、第二話では割りと凡人力を発揮していました。

というのも、2話のラストでLに月がキラだということがバレましたw(正確には、直接電話がかかってきて「夜神月さん、あなたがキラでしょ」と言われてしまった)

ある意味では1話より楽しめたかなとは思うのですが、ところどころ突っ込みたくなる展開が多かったのがちょっと残念。

特に気になったものを一つ。

月はLの関係者を利用してLを殺そうと考え、原作にもあるバスの展開で自分を尾行している人の名前を何とか入手しようとします。そしてFBI手帳を見てレイ・ペンバーの名前を知り(結局原作と違ってレイも偽名でしたが)、デスノートにレイペンバーが

「~~~でLを射殺する」

と記入するわけです。

その「L」という書き方で殺せるなら最初から苦労しないんじゃないの?w

とツッコまざるを得ないですw 結局レイが偽名で失敗しましたが、そういう問題ではない気がしましたね。

逆に一つ、二話の展開で原作と違って「おおっ」となったのは、ミサミサの寿命があと数日だとリュークに知らされ、Lに不審に思われないためにノートの力を使わずになんとか助けようとするという展開

ですが…その手段はバイトを抜けだしてファンとして直渡しの手紙でその危険を知らせようとしたり(当然警備員に止められる)と、逆にノートを使うより怪しい感じw

警備員にここ数日怪しいファンがいると知らされその男を警戒しようとしたり、結局逆にその警備員がミサミサを狙う男だったりと展開にはなかなか気合が入っていたのですが…

どうなるのかと思ったら結局原作同様ミサを狙った男が死んでノートとレムが登場、月「俺はなにやってんだよ…(涙目」という結果に。

あの「俺なにやってんだよ…」はどういう意味だったんでしょうね。警備員の名前はわかっているので結局ノートを使ってしまったのか、何もできなかったという意味なのか。おそらく後者で原作同様ジェラスが殺したのかなとは思いますが、どちらにせよこの月さんはノートがないと何も出来ないという感じは否めません。

ラストにはLに直接疑いを掛けられてしまったドラマ版月さんですが、来週の切り抜け方に期待ですw

そんなツッコミどころのあるドラマ版デスノートは、huluで配信中です!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする