【ゼノブレイドクロス】クリア後の感想!【微ネタバレ注意】 | イャンクックカフェ 2F

【ゼノブレイドクロス】クリア後の感想!【微ネタバレ注意】

シェアする

攻略チャートの更新が終了しているのでお分かりかと思いますが、ストーリークエストはクリアしました。

軽くですが、感想を書いておきたいと思います。

これはあくまで「ストーリークエストをクリアした」感想であり、ゼノブレイドクロス全体としての感想ではありません。

スポンサーリンク

ストーリークエストの感想

正直、不満な出来だったと言わざるを得ません。

最終章突入時の個人的な感覚は、前作ゼノブレイドでのストーリー4割程度の進行度具合と同じであり、この調子だと全20章は行くだろうなと思っていました。これは誇張ではありません。というか、前作をやった方ならおそらくほとんどの方が同じ感覚だと思います。(前作よりメインストーリーのボリュームが落ちたとは言われていましたが、探索の強制があるにも関わらずクリア時間が寄り道なしでクリアした前作より10時間ほど早かったです。)

前作ゼノブレイドは、巨神のコロニー9から旅立ち、巨神を全て周り、ようやく機神界に付き、機神界を攻略し…。ついに相手の大ボスと対峙してここで決着かと思ったところから、ストーリーが予想以上の大きな盛り上がりを見せ始めました。

今作では、前作でいうところの機神界についた辺りで終わってしまったという感想です。これからおもしろくなりそうだと思ったら、12章のラストに早口で詰め込んでそのままスタッフロールに行ってしまいました。

これは本当に残念。グロウス、サマール人?等敵側の行動原理も詳しく語られることなく消化不良感も否めません。納期の問題だろうなと感じざるを得ない内容でした。

盛り上がりも、ゼノブレイドクロスはゼノブレイドのゲーム開始1時間で起こるイベントを越えられなかったというのが正直な感想。う~ん。

やっぱりこれは、オンラインや惑星ミラという舞台に大きな力を注ぎすぎたからなのでしょうか。あとは、やっぱり時間等色々足りなかったのでしょうか。あと、前作ゼノブレイドにあった「最後まで行きましょう」が今作にはなかったということなのでしょうか。

これでもかと気合の入った惑星ミラという舞台ですが、このバランスではこの舞台も最大限活かされたとはあまり感じられませんでした。

ゼノブレイドでは、巨神と機神という舞台がストーリーにこれでもかというほど関わってきており、だからこそ寄り道の探索が楽しかったと思うのです。あくまでストーリーがあっての舞台装置だったと思うのです。

それが今作では、舞台自体に重点が置かれてしまい、肝心のメインストーリーの魅力に欠けてしまったという印象を抱きました。

ゼノブレイドクロスはここからが本番か

ですが!

ストーリークエストの最後に意味深なムービーが流れました。

「この星には一体何が…」

というようなもので、主人公達の存在自体が謎であるという事実が明らかにされました。

これはクエスト、探索を進めていくことで明らかになることなのではないかと思っています。

ストーリークエストでは、あくまで「セントラルライフ」という一つの問題が解決したに過ぎず、惑星ミラで生きていくこれからに関わってくるこの星の謎はこれから解き明かされていくのではないかと思っています。

探索やクエストでこの星のことを知っていく先に、主人公たちやこの惑星ミラの真実があるならば、この広大な世界という舞台装置は充分に活かされると思っています。

ゼノブレイドクロスは、ストーリークエストをクリアしても全然終わっていないんじゃないかというのが私の現在の感想(願望)です。

これからの探索が、まだまだ楽しみですよ!そして、期待しています!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする