【シアトリズムDQ】シアトリズムドラゴンクエストの体験版配信開始!DQ3『冒険の旅』、DQ5『戦火を交えて』がプレイ可能!【体験版プレイ感想】 | イャンクックカフェ 2F

【シアトリズムDQ】シアトリズムドラゴンクエストの体験版配信開始!DQ3『冒険の旅』、DQ5『戦火を交えて』がプレイ可能!【体験版プレイ感想】

シェアする

シアトリズムドラゴンクエストの体験版が配信開始されました!

ドラクエの音楽が好きな方は、これを機会に3DSを開いてニンテンドーeショップから早速ダウンロードしてみましょう!

スポンサーリンク

プレイ可能な楽曲は2曲。冒険の旅と戦火を交えて!

dq3112

dq3113

公式サイトで視聴も可能です!

体験版として、素晴らしいチョイスですね!!

それぞれ冒険の旅がFMS(フィールドミュージックステージ)、戦火を交えてがBMS(バトルミュージックステージ)になっています。

DQ5はもちろんのこと、DQ3の冒険の旅もオーケストラ風のアレンジでした。どのバージョンなんだろう…?それとも、このゲームのための新アレンジなんでしょうか。

FMS、BMS等システムについての詳しくは、コチラのPVをどうぞ!

シアトリズムドラゴンクエスト体験版「戦火を交えて」を激ムズでプレイしてみた感想!

dq3111

なんとか激ムズでフルコンボはできました!

もともとゲーム音楽は大、大、大好きなので、今回の体験版も物凄く楽しみながらプレイできました。やっぱりリズムに乗るって気持ちいいですね~!

私は音ゲーは、前作?のシアトリズムファイナルファンタジーカーテンコールしかプレイしたことがないのですが、そのシアトリズムFFCCと比較しても、今回のシアトリズムドラゴンクエストは少し難しく感じました。

その理由は、

シアトリズムFFが左から縦4列に流れてくるのに対し、シアトリズムDQは上から横4列で流れてくる

のが大きいと思います。

画面は縦に対し横のほうがかなり広いので、縦に4つ見るよりも横に4つ見る方が、視点の動かし方がどうしても大きくなってしまいますよね。

それに加えて、アイコンの流れ方も遠近感があるといいますか、画面の奥から来るようなイメージなので目が慣れないと矢印の方向をミスしやすかったです。

といっても、結局一番のポイントはそれぞれの曲の譜面の難しさだと思うんですけどねw (前作シアトリズムFFCCの体験版にあった『シーモアバトル』はかなり難しく、製品版で難易度易化修正されていました。)

私は前作のシアトリズムFFCCの時も体験版をプレイした影響で製品版を購入したので、このシリーズをプレイしたことがない方は是非体験版をプレイしてみてください~!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする