人に見られる中で変化していくことの難しさ | イャンクックカフェ 2F

人に見られる中で変化していくことの難しさ

シェアする

こんにちは!

おかげ様でイャンクックカフェはTwitterのアカウントのフォロワー数も9000人を越え、気づけばそれなりの知名度になっている気がします。いつもありがとうございます!

冷静に考えると9000人超えって…なんてこった…多すぎる…。

そんな多くの読者に恵まれたイャンクックカフェなのですが、管理人本人の感想は、「半年以上迷走している」というなんとも言えないものです。

今年は、サイトとの向き合い方を変えていかなければならない年になりそう。ちょっと吐露してみようと思います。

ちなみにこの記事を最初に書き上げたのは1/6。公開にすら踏み切れない迷走っぷりでした…w

スポンサーリンク

攻略サイトを名乗るのをやめる?

いきなりネガティブなところから入りますが、どこかの段階で、もう攻略サイトを名乗るのはやめようかなと思います。

ぶっちゃけた話になりますが、ゲームの「攻略」に関して個人サイトはもうほぼオワコンに近づいているといってもいいです。モンハンのようなキラータイトルでは企業で運営しているようなライター募集型wikiも多く参入していますし、規模の大きい攻略サイト、wikiも充実しています。そういった本気で運営しているサイト様は、攻略スピードが個人サイトの比にならないほど速いですし、アクセス面でも圧倒的に強いです。

そういった環境で、存在価値のある個人サイトとは一体どんなサイトなのか。

それはそのサイト自体に、他にはない運営者のカラーが出ているサイトです。

そのためには、「攻略サイト」という重荷を取っ払い、いい意味で自分の好きにやっていくのがいいかなと思いました。攻略サイトという肩書は重荷に過ぎず、ただのブログにランクダウンしたほうがよっぽどいいのではないかなと。

影響力が増すほど書くのが難しくなる

イャンクックカフェでは、時々私の個人的な攻略法のような記事を書いています。もともとwikiのような情報サイトにする気はなく、自身が役立つと思う情報のまとめと、自身のプレイヤーとしての目線から攻略記事を作っていこうというスタンスで始めましたし、ある意味当然です。

でも、実際は記事にできているのはほんの一部で、私自身は記事にしたことよりもっと沢山色々考えていたり、ゲーム内で面白いと気づいたことも多いです。昔は多く反映できていたのですが、やはり読者の多さを意識するに連れて記事にするのが難しくなりました。特にTwitterの影響が大きいと思います。

何故そんなことになってしまったのかというと、やはりあれだけ多くの人の前では確信という自信を持った意見でないと言い難い、間違ったことを言いたくないという自身の慎重な性格が現れているからです。(例えば、「これが強そう」ではなく「これが強い」と言いたい)偽トロを持っているのに動画を撮らないのも同様の理由で、私は自身の実力に全く自信がなく、動画化する価値がないと思っているんですよね。(偽トロは、画像を綺麗にキャプチャするという用途で大活躍してくれていますw)

ですが…やはりブログ・個人サイトというのは、その人のカラーがガッツリ出ていたほうが面白いです。

炎上しようが間違ったことを言っていようが、自分が思ったことを全部表に出している文章のほうが、私は面白いと思うんです。

実際私がサイトを始めた理由の一つが、「そのプレイヤーの主観が見たいから」でした。でも、サイトが大きくなるにつれて、確信と言える程自信のある主観以外は発信しづらくなりました。それに加えて、私は目立ちたがり屋でもないし、ネット上で赤の他人にとはいえ嫌われるのも好きではないし、炎上させてアクセスを集めようとも思いません。波風を立てたくないタイプなんですよね…。

これって実は、大きなサイトを運営するには致命的に向いてない部分なんです。サイトの運営者は、堂々としていて、時には若干攻撃性があるくらいのほうがいいと思います。

私は人に何かを教えたり、情報を調べたり、軽い検証をしたり、文章を書くのは好きな方なんですが、大人数の前でそれを発信するには、ちょっと臆病すぎるんですよね。サイトのタイトルにもしたように、カフェのような、落ち着いたところで、クローズドに小さくやるのに向いているんだなと。

正直に言うと、私は今のイャンクックカフェを、胸を張って良いサイトだとは到底言えません。特にMHXは自分が納得行くように進めていくことができなかったのが心残りです…。運営初期は、自分で好きなサイトだったんですが、やっぱり継続しながら変化していくというのは難しいです…。色々としょうがない部分もあるんですけどね…。

プレイに義務感が生まれると、楽しさは激減する

私がイャンクックカフェを作ったのはMH4の後期でした。

あの頃はモンハン自体のモチベーションが凄まじくて、ギルクエ100のソロをずっとやっていました。これだけプレイしているならいくらかアウトプットできることがあるだろうというのが、あのサイトを作るきっかけにもなりました。

しかし、MH4G、MHXと新作が発売されるにつれて、明らかにモチベーション維持が難しくなりました。

その理由は、主に2つくらい考えられます。

一つはプレイに義務感と責任感が生まれてしまったからです。「やらなきゃいけない」と感じた途端、純粋に楽しむことができなくなってしまう。よくある話に思いますが、この1年はそれに苦しみ続けたような気がします。

二つ目はプレイの環境です。私は元々対人ガチプレイヤーだったので、周りのゲーマーはほぼ全員対人ガチゲーマーです。モンハンはプレイ人口はとても多いゲームですが、文字通りの「ふらっとハンター」(発売後は集まって盛り上がるが、しばらくすると本業のゲームに帰っていく)がとても多いです。この環境を改善しないと、私もふらっとハンターになりがちです。

私自身、周りのゲーマーの中では圧倒的に飽き性なことに定評があり、「パッとやって、パッとやめてしまう」タイプの人間です。私をよく知る人からは、「サイトよく続いてるよね」と会う度に言われますw

そんな私がマイペースにモチベーションを維持していくには、やはり「攻略サイト」という重荷を下ろすべきではないかと思います。正直、今のように自分が思ったように運営していけないと、訪問して下さる方にも申し訳ないし、バリバリ攻略しているのでなければ「攻略サイト」と名乗ること自体私はやめるべきだと思います。我ながらお硬いんですけどね。

今年の課題は運営法の変化とモチベーション

今年の課題はこの2点です。

サイトに使える時間は今まで以上に少なくなると思いますが、運営を縮小しようとも、気になった点は記事にしますし、個人的な攻略ポイントも書いていくと思います。そこはほとんど変わらないかなと。

運営については、クローズドな何かを考えたいです。先ほど言ったように私の適性がそっちにあることに加え、いい意味で距離感を縮めていけたらなと。ありがたいことにイャンクックカフェを応援して下さっている方は沢山いますし、私自身も読者様と同じただの一人の人間ですから、このサイトを通じた出会いも大切にしたいと思っています。(この点、ハンター等のキャラクターを登場させたことによって中の人が出ていきにくい雰囲気を作ってしまったのは失敗だと思っていますw)

幸いイャンクックカフェを通じてブログに関しての経験値は相当積み上げる事ができたので、これをまた他の形で活かせたらなと思っています。

とにかく、これから私が私のサイトを納得して運営できるかどうかは、私自身が変化できるかにかかっているのだと思います。とにかく、自分が発信したコンテンツに胸を張れるようになるのを目標に。

長くなってしまいましたが、ここまで読んで下さった方、本当にありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする