近況|イャンクックカフェ1Fが1つの到達点に。 | イャンクックカフェ 2F

近況|イャンクックカフェ1Fが1つの到達点に。

シェアする

最近、イャンクックカフェはサイトとして一つの壁を越えたような気がします。

検索順位

イャンクックカフェは、「MHX」というワードで公式サイトに次ぐ2位。

「MHX 最新情報」という複合ワードでは1位になっていました。

以前このブログでイャンクックカフェの弱点として検索の弱さと、それがサイトの新しさからくるものではないかと分析しました。

それ以来いろいろ試行錯誤を重ねてやってきた結果、このような位置まで上ってこれて嬉しいです。案外新しくてもなんとかなるみたいですね〜。

スポンサーリンク

やっぱりゲーマーはサイト作りに向いている?

私は元々対戦ゲームでもフレーム表を眺めながら状況に応じた最大の確定反撃などを煮詰めていくのが好きなタイプなので、細かい点に注目してトライエラーを繰り返すサイト作りには向いているんだな〜と痛感しました。

サイト作りの上達過程をゲームと比べると、「環境次第では勝つのは簡単だが、原因の分析が難しく、またつまらない」という感想です。(サイトも決して簡単ではありませんが、ゲームでトップを取るのは本当に難しいです。)

ゲームの上達に関する原因分析はそれほど難しいことではなくて、敗因や勝因、モンハンであれば攻撃にあたってしまった原因やモーション、連携の見直しなど、やる気さえあれば(これが一番むずかしい)いくらでも着眼点が見つかります。

それに対して、検索順位は検索エンジンという神の手の上で踊っているようなもので、最近の順位決定のポイントは、小手先のテクニックではなく「そのサイト、記事が読者に有益な情報をもたらしているか」を重視していると言われています。意味不明ですよねw

普段記事を書いている時からそんな当たり前のことには気をつけているし、モンハンのサイトの記事の有用性を検索エンジンがどうやって判断しているのか謎でした。ゲームの上達と違って、どこを修正すればいいのか見当がつけにくいのです。

なので、これが怪しいと自分で感じたところを細かく修正していくという作業を繰り返していました。結果順位は上がりましたが、「これをやったら明確に伸びた」ということは特にありませんでした。実際ワードによっては順位が低いままで、今でも手探りの状態が続いています。

まぁ、簡単に検索順位を上げる方法があるならもっと検索上位が荒れてるだろうし、逆にいいのかもしれませんね〜。

サイトを育てるには、形はどうであれメンテナンスし続けることが大事なのかもしれません。

2Fはどうなっていくのか。

迷走しまくりで更新がよく止まるのがこの2F。

というのも1Fでハンターを登場させるという手法を取ったこともあり、大分キャラクターも形成されてきているのでもはやここで何を書けるのかわからないといった状況w

これからも興味があったゲームには注目していきたいと思っていますが、2Fもちょっと考えなきゃな〜と常日頃思っています。

MHXの発売が近い。

ついに発売まで後2週間を切り、体験版の配信も近づいてきました!

最近、結構サイト運営に関して精神的にダメージを受ける出来事も多くて、自分の納得できる運営法と読者の需要を満たす運営法のズレに苦しんだりしていました。

この界隈、真面目にやったものが損をするという性質が正直あるので、自分で納得行かない部分はバッサリやめちゃおうかなと悩んだり、サイト運営は一筋縄では行かないものですね…。(2Fの記事をよく読んで下さってる方はわかるかもしれません)

それでも、なんだかんだでMHXの体験版配信前日、発売10日前までやってこれました。本当に読者の皆様の応援のお陰です。

今はとにかく、悔いのないようにMHXを精一杯楽しみたいと思います!明日配信の体験版もバリバリやるぞ~!!!!!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする