ドラマ版デスノート最終話感想(ネタバレ有)。展開は微妙だが演技は一見の価値アリ! | イャンクックカフェ 2F

ドラマ版デスノート最終話感想(ネタバレ有)。展開は微妙だが演技は一見の価値アリ!

シェアする

ドラマ版デスノート、最終話を観ました。(huluで配信中です。)

というわけで、見逃してしまった方はオススメです。登録していない方は新規登録後2週間無料ですよ~!

スポンサーリンク

ドラマ版デスノート最終回感想

最終回は放送日に見たんですが、感想を書くのが遅れました。

というのも、感想に書きたいことがあまりない。というより、言いたいことが一言くらいしかないんですよね。

展開は原作・映画と比べて一番つまらなかったが、夜神月役の窪田正孝さんの演技は凄かった!

ということ。

展開はもう本当に微妙でした。原作も映画も「ついに最後の対決だな」という雰囲気が出ていましたが、このドラマ版は「ああ、ここでもう最後まで持っていくのか」って感じの盛り上がらなさ。集大成になるような頭脳戦もこの最終回には特にありません。

原作のように、魅上が月に気を使って高田を消すために本物のノートを引き出したため計算が狂ったみたいな展開もなく、素ですりかえられちゃったみたいなオチ。やはりこの月は凡人だった…?

その後は月の勝利宣言が自白になってしまい~という原作通りの決着。なんとなく、ニアの本名を書かれた後にメロに人格が変わって死なないとかそういう二重人格を絡めた攻略法をするんじゃないかとある意味心配でしたが、そんなことはなかったです。これはなくてよかったと思ってますw

その後はデスノートを使おうとする月を松田が撃つ展開。こっからは一見の価値アリでした。

松田役の前田さんの演技も良かったし、ここからの窪田さんの演技は凄かったです!!原作の月そっくりでした。悪人顔になるとホントに似てますね~w

その後、夜神月確保に対策室メンバーが動いた所で魅上が「神の邪魔をするなァ!」と倉庫に火を放ち、ここからドラマオリジナルの展開に。

第二のノートが燃え、ミサと魅上からはデスノートの記憶が消える。

月は最後までもがき、リュークに名前を書かれるのではなく、デスノートと共に燃えてしまいました。

このへん、スター・ウォーズのアナキンみたいだな~と思いました。炎の中でも必死にもがく様も、まさに迫真の演技でした!

そんなドラマ版デスノート最終回。huluで配信されていますので、見逃した方は是非。

映画版でデスノート2016というオリジナルの新作もでるようですが、どうだろうなぁ…w

スポンサーリンク

シェアする

フォローする