ドラマ版デスノート9話感想!ドラマ版は違った展開でLが死亡! | イャンクックカフェ 2F

ドラマ版デスノート9話感想!ドラマ版は違った展開でLが死亡!

シェアする

7061

ドラマ版デスノート、9話を観ました。(huluで配信中です。)

というわけで、見逃してしまった方はオススメです。登録していない方は新規登録後2週間無料ですよ~!

スポンサーリンク

ドラマ版デスノート9話感想

前回の第八話では月とLの殴り合いで話題になりましたw

というのも、Lが月を呼び出して、お前がキラなんだろうと数々の点を指摘して挑発

特に確固たる証拠があるわけでもないのに何故か追い詰められる月。更にはLは認めないならとデスノートに月の名前を書こうとし、格闘戦に。その最中、死神の目を使った魅上からLの本名のメールが届き、月はデスノートに名前を書く。

しかしそのデスノートはワタリが作った偽物。(一晩でやってくれたのでしょうかw)Lは死にませんでした。(ここまで第八話)

第九話。

偽物のデスノートに名前を書いてしまった月は自白同然の証拠を与えてしまう。対策室メンバーも到着し完全に終わったと思ったら…。

Lが心臓麻痺で死亡。魅上が本物のデスノートの切れ端に名前を書いてLを殺したのです。魅上、超有能。

月はLが名前を書こうとするから自分がしょうがなくLの名前を書いて殺したんだとわめきますが、対策室メンバーはノートが偽物だということは知っています。故に、月はキラじゃないと逆に信じこむことに。

というわけで、9話途中からはニアがキラ対策室のリーダーに。

月の妹の粧裕が対策室の女性捜査官の日村に誘拐され、(日村捜査官はそもそもキラの殺人方法に好奇心的な興味を持ったが故に、対策室に加えてもらえるよう夜神総一郎に頼んでいた模様。)デスノートとの交換の展開へ。

なんだかんだでここまで来ましたね~w 原作との違いが気になる方はhuluへ~!(アニメ版の『進撃の巨人』も全話配信開始されました!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする